浅田真央の演技になぜ世界は感動したのか?

浅田真央のソチフリーでの演技感動しましたね。
なぜこれほどまでに感動したのか?
演技か完璧だからというような単純なことでは
ないのかもしれません。

浅田真央は12、3歳の幼い頃から
天才選手といわれ続けてきました。


浅田真央

 

特にオリンピックに出られない13歳ぐらいの時は
彼女の代名詞であるトリプルアクセル
をいとも簡単に決めてましたね。

 

しかし成長するにつれ体のバランスを失った彼女は
トリプルアクセルの成功率も下がり苦労しました。
昔は出る大会ほとんどで1位2位争いに食い込んでいたのが
4,5位と低迷することがありました。

 

そこから彼女は自分のスケーティング技術を改造したそうです。
それは自分のすべての技術を捨ててやり直すような
苦しみだったようです。

 

そしてそこには単純にオリンピックで金メダルを取る
ということ以外に、芸術者としての自分の表現力を上げる
自分への挑戦という意味もあったんですね。

 

フィギュアスケートって
単純にジャンプがすごい選手がすごいとか思いがちですが
そうした芸術性が絡んだ複雑な競技みたいです。

 

そして彼女はトリプルアクセルにこだわりぬきました。
キムヨナみたいに3回転だけでも高得点をとれる道もあったと
思いますが・・・

 

皆が浅田真央のトリプルアクセルを見たいのです。

 

そういう観客へ答え続けるためにというか
そういうひたむきなところも含めてのあのフリーの演技のすばらしさ・・・
世界中を感動させたのもうなづけますね。

コメントを残す